PHP高速化

WordPressを入れたので中間コードをキャッシュでPHPを高速化してみました
PHP高速化で有名なのはAPC(Alternatice PHP Cache) eAccelerator XCacheなのですが、
私はAPCを入れてみました

OSはCentOSで「pecl」で入れる事にしました
まずはpeclをyumでインストール

# yum install php-pear

次にpearでAPCをインストール

# pecl install APC

エラーになると足りないものがあるのでそれも
gcc httpd-devel php-devel ここら辺?
APCの設定ファイルを作ります

# vi /etc/php.d/apc.ini

私の場合は以下の内容にしました

extension=apc.so
apc.shm_size=64
apc.optimization=1

オプションの詳細はこちら
そしてApache再起動

入れ終わればphpinfoでAPCの項目があるか確認
最後に管理画面を見たければApacheの設定ファイルを作ります
私の場合は以下

# vi /etc/httpd/conf.d/apc.conf

中身

Alias /apc /var/www/apc

<Location /apc>
Order deny,allow
Deny from all
Allow from 127.0.0.1
Allow from 192.168.1.
</Location>

これで http://アドレス/apc/apc.php でアクセスできます
apc.php に書いてるパスワードを変えてログインしたらキャッシュの削除とか詳細情報も見えるようになります
※このPHPファイルが元々そこにあったかどこからかコピーしたかは忘れた(`・ω・´)

Posted in Linux and tagged , , .

コメント