回線速度3

前回の記事前の検証はアップに殆ど関係しないと言うことがわかりました。
そこで、今回はアップの制限を厳しくして再度動画を撮ってきました。
結果から言うとUPを制限すると「ひどい」この一言です。
DOWNも何かしらワープとかに関係しているかもしれませんが、UP程ではないです。
普段の状態でもワープ(高速移動)はするので、アルゴリズムで行動をある程度予想してやってると思います。
回線速度(使用帯域)公式の最低、推奨と現実の差を考えると鯖側で精度の向上はできるように思えるのですが、どうなんでしょうかねぇ
精度を上げると太い回線が必要になるあたりが採算が取れないと言う判断で精度を下げてるのかもしれません。
毎回ワープする人も実際にいます。
私の環境ではたまにはワープもするが毎回ではない という状態です。
DOWNが間に合わずUPが止まってるか?CPU関係か色々と原因がありそうですね
魔法を打った瞬間の高速移動にならないようにしてほしいですね
PING値が一定時間越えたら強制切断
CPUの処理が一定時間正常な処理ができなくなると切断
最低スペック以下はインストールできないように変更
CPUの処理で 位置=当たり判定>>>超えれない壁>>>自分の行動
こんな感じのはしてほしいですね
最後に、それぞれの環境で推奨スペックを満たしているのになる方もいるかもしれません。
この検証は一例に過ぎません。
今回の動画は以下です

Download

カテゴリー 動画過去のゲーム タグ .

コメント

  1. ヒドイの一言ですね・・・。
    ただ低スペックPCお断り、というのはなにかとまずいかと思われます。(運営的にも)
    基本的に低スペックPCはコマ数の少ないパラパラ漫画のように、「点滅して存在している」ということですね。
    これに対して、高スペックPCは、「高速で連続して存在している」ということ。
    納得のいく解決策、を考えるなら、「高スペックこそ有利」という常識に変える、ということで、
    「1コマ間の当たり判定を残す」
    ということで解決する気がします。
    これならば高スペックならばほぼ当たり判定が変わることはありませんし、
    低スペックなら、ワープしている距離の分(つまり自分の1つ前の残像にまで)当たり判定が伸びることになります。
    というかここに公式にメールすべきようなコメントですが、思いついちゃったのでペタリと。

  2. 本当は誰でも楽しめるようにがいいですよね
    今回の案で回線が足りない人は解決するかもしれませんが、CPUの処理が増えそうな?
    本当は鯖で処理するのが一番いいのですが、できないのであれば、その当たり判定をデュアルコアの方が担当して鯖の変わりに処理をしたらどうかなと思います。
    自分の当たり判定はせず、第三者の当たり判定のみすれば公平性があがるのではないでしょうか
    FEZはシングルスレッドでマルチスレッドではありませんのでデュアルコアの方なら50%CPU資源が余ってる方が多いと思いますので、当たり判定専用プログラムを増やして別スレッドで処理すれば(CPUと回線に余裕がある人が担当すれば・・・

  3. 帯域制限には何を使って実験をされているのでしょう。
    私の場合○○tLi○i○eを使って実験していたのですが、特に足踏みなどの現象は見受けられませんでした。
    以前の修正のせいかもしれませんが。

  4. もうプレイしてないので現状わかりませんが、この実験をして少しして帯域関連の修正があったみたいです

フェステ にコメントする コメントをキャンセル